「鉄夜会」には酒を片手に鉄道好き女子が集う

「女子鉄ナイト」の熱い夜!

女子鉄ナイト2の宣伝用素材。人形は紙粘土で作った。窓際にはお酒、手に持っているのは「吉野の鶏めし」

11月1日夜、東京・お台場のイベントスペース「東京カルチャーカルチャー」で「女子鉄ナイト2~女鉄道ひとり旅~」というイベントが開催された。

「された」と書いたが、開催したのは私である。つまり主催者だ。鉄道が好き!という想いを形にして伝えたい、そして私がやりたい事はまだ誰もやっていない、というのがイベントを立ち上げた理由だ。イベントに出演したことは数あれど、主催するのは「女子鉄ナイト」が初めてであった。

「女子鉄」って、どうなの?

この連載の過去記事はこちら

まず、「女子鉄ナイト~女鉄道ひとり旅~」というイベントタイトルに
ついて少し語りたい。

一回目は2015年1月末に開催した。その際私が悩んで付けたタイトルは「女鉄道ひとり旅」だった。ところが告知の際に東京カルチャーカルチャーの男性店長がその前に「女子鉄ナイト」と付け加えてしまった。「その方がキャッチーだから」というのが理由だそうだ。

私が常々思っていたのが「男性の鉄道好きは趣味として鉄道をアピールできる機会が多いのに、女性が鉄道好きになると、なぜ男性の視点からしか評価されないのか?」ということだった。

「女子鉄」という言葉も男性側からの言葉のように思え、なかなか納得できなかった。自発的なイメージにしたくて「女鉄道ひとり旅」にしたのに。それから「女子」という言葉のイメージが、若い女性のみを指す気がして気が引けていた、というのもある。

とはいえ確かに略称は必要だ。「女鉄」ではなんだし…。なので、略称・愛称としての「女子鉄ナイト」は受け入れることにした。

次ページいったいどんなイベントなのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。