「鉄子」がJRを辞めてタレントになったワケ

駅員だった私の背中を何が押したのか

憧れの職を辞してまでタレントになったワケは……?(写真 : 苦行僧 / PIXTA)

みどりの窓口で接客していると、いろいろな利用客に出会える。たとえば、こんな利用客がいた。

「乗車券を大阪から鳥取まで1枚、鳥取から出雲市まで1枚、出雲市から下関まで1枚欲しいんやけど、安く買える方法あったら教えてや」

さすが、関西の主婦だ。しかし、私も関西人。私に任せてください、と言わんばかりの笑顔で返し、「お得な買い方」を説明する。

「ばらばらに購入されるよりも大阪から下関まで通しで購入された方が得ですよ。鳥取や出雲市では途中下車できますし、有効期間も長いのでお得です」

すると、お客様は「ほな、それで切符ちょうだい! わぁ、助かるわぁ! 得した」と喜んでくれた。

最初の仕事は新幹線の車内販売

さらに、切符を発券中にも声をかける。「鳥取も出雲市もおいしい駅弁がたくさんありますよ。鳥取駅で売っている山陰鳥取かにめしは人気があるそうです」と、少しだけ旅情報を添える。

お客様は「得したお金で、駅弁買お!」と笑顔でみどりの窓口を後にした。これから始まる旅行にワクワクしているに違いない。こんなときは楽しそうに旅行するお客様を思い浮かべて、私もニヤニヤしてしまう。

ときには、切符を販売したお客様が土産話を持って窓口に訪れる事もある。お客様を笑顔にする。これが切符販売の最大の醍醐味だ。

私、古谷あつみは鉄道タレントとして芸能界で活動しながら、観光系の専門学校で鉄道科の講師も務めている。その前はJR西日本の駅係員だった。東海道新幹線の車内販売員をしていたこともある。

鉄道に魅せられたきっかけは、小学校の社会科見学で大阪の泉佐野市にある日根野電車区へ行ったこと。特急「はるか」の運転台に乗せてもらい、「キハ」とはこういう意味で、「クハ」とはこういう車両と、JR西日本の社員さんから車両の記号を教わったとき、何かの暗号を知ったような気分になり、とても興奮したのを今でも覚えている。

次ページ転職してJR西日本の駅係員に
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT