『解任』を書いた元オリンパス社長に聞く

「目上の人を尊敬する日本の習慣が行き過ぎた」

 

──あなた自身もサムライ?

そうは思わない。同じ立場に置かれたら、多くの人が勇気を持って告発したと思う。たとえば夜道を歩いていて、犯罪を目撃したとする。あなたがその目撃者だったらどうする? 犯人が怖くて何も言わないだろうか。多くの人は警察に通報するのではないかな。

もし菊川氏が損失隠しをしていなければ、私はオリンパスの経営者であり続けて、会社の収益向上に貢献できていたと思う。

ただし、おカネよりも大事なものが私にはある。正直さや誠実さ、そして信念を曲げないこと。これが、私の信条だ。

──「一人ひとりはいい人間なのに、なぜ集団だと良心に反する行動を取るのか」との言葉が印象的でした。

いい人たちが共謀して悪いことをしたわけではない。技術者、工場の従業員、営業……現場の人たちは皆、一生懸命働いていた。問題はマネジメントだった。

オリンパスにはシステム上の問題があった。社長の人事において、下山氏が岸本氏を選び、岸本氏が菊川氏を選んだ。選ばれるのは、前任者に逆らうことのないタイプの人間ばかりだった。

たとえばサムライの一人、河原氏はオリンパスの収益源である内視鏡の生みの親であり、私から見てとても優秀なマネジメントができる人材だった。しかし、社長に選ばれることはなかった。

 

次ページメディアへの苦言
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT