(第47回)若い地元企業が中国経済を変える

世界企業に成長する中国の民間企業

世界規模での事業を展開する中国企業が、すでに現れている。

レノボ(聯想)は、国の機関である中国科学院の11名の研究員が84年に設立した企業だ(タイトル横写真はYANG Yuanqing CEO)。97年には、中国内のPC(パソコン)売上高でトップを記録。04年にはIBM社のPC部門を買収した。持株会社の筆頭株主は中国科学院であり、中国政府は間接的に聯想集団の約28%を所有しているので、純粋に民間企業とは言えないが、従来の国有企業とは異質の企業だ。現在、世界のPC市場でデル、ヒューレット・パッカードに次ぐ第3位のシェアを占めている。11年のFotuneのGlobal500では、全世界で売上高が450位(中国企業では55位)になった。

表には富士通、NECとの売上高と利益の比較を示した。売上高ではすでに富士通の4割弱にまでなっている。注目すべきは成長率の高さだ。富士通、NECともに売り上げを落としている中で、レノボの売上高は前年比30%増になった。

家庭電化製品では、ハイアール・グループ(海爾集団)の躍進が目覚ましい。同社の主要製品は冷蔵庫や洗濯機などの白物家電、テレビ、エアコン、パソコンなどで、アメリカをはじめ、世界165ヵ国以上で生産・販売している。白物家電の総合シェアは7・8%で、3年連続で世界1位になった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT