フィギュア、復帰の浅田真央が中国杯優勝

本郷理華はフリーで1位に

 11月7日、フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、中国杯の女子フリーでは浅田真央(中央)が優勝。写真左は2位の本郷理華(2015年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[7日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯は7日、北京で競技を行い、女子フリーでは浅田真央が合計197.48点で優勝した。

2季ぶりのGP復帰を果たした浅田はショートプログラム(SP)では1位。フリーでは3位だったが、GP通算勝利数を日本選手最多の15に伸ばした。

SP2位の本郷理華はフリーで1位となり、合計195.76点で2位。エレーナ・ラジオノワ(ロシア)が3位だった。

男子フリーではハビエル・フェルナンデス(スペイン)が優勝。日本勢は出場しなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。