フィギュアの浅田真央が現役続行を表明

「試合が恋しくなった」

 5月18日、昨年5月から休養していたフィギュアスケート女子の浅田真央が、自身のブログで現役続行に向けて練習を再開したと明らかにした。埼玉で昨年3月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] - 昨年5月から休養していたフィギュアスケート女子の浅田真央(24)が18日、現役続行を表明。選手として試合に復帰するため、3月にコーチを依頼し、今月から練習を再開しているという。

都内で記者会見を開いた浅田は「自然と試合が恋しくなり、演技ができた達成感を感じたいと思い始めた」と復帰の理由を語った。

会見に先立ち、自身のブログでも現役続行を表明した浅田は「上手く行かなければ試合に出られない事もあるとコーチから言われている」とも記していた。

ソチ五輪で6位に終わった浅田は、昨年3月の世界選手権で日本人単独最多となる3回目の優勝を達成した後、休養を発表。現役引退について「今のところハーフハーフ」と語っていた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。