フィギュアの浅田真央が現役続行を表明

「試合が恋しくなった」

 5月18日、昨年5月から休養していたフィギュアスケート女子の浅田真央が、自身のブログで現役続行に向けて練習を再開したと明らかにした。埼玉で昨年3月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] - 昨年5月から休養していたフィギュアスケート女子の浅田真央(24)が18日、現役続行を表明。選手として試合に復帰するため、3月にコーチを依頼し、今月から練習を再開しているという。

都内で記者会見を開いた浅田は「自然と試合が恋しくなり、演技ができた達成感を感じたいと思い始めた」と復帰の理由を語った。

会見に先立ち、自身のブログでも現役続行を表明した浅田は「上手く行かなければ試合に出られない事もあるとコーチから言われている」とも記していた。

ソチ五輪で6位に終わった浅田は、昨年3月の世界選手権で日本人単独最多となる3回目の優勝を達成した後、休養を発表。現役引退について「今のところハーフハーフ」と語っていた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT