(第46回)中国自動車展開の大いなる幻影

しかし、もう少し慎重に考える必要がある。なぜなら、販売台数に対する比率で見ると、売上高でも営業利益でも、アジアの状況は見劣りするからだ。表に示すように、1台当たりの売上高では、アジアは北米の半分程度でしかない。つまり、中国で売れる車は北米で売れる車とは異質の低価格車なのだ。1台当たりの営業利益では、アジアは北米の7割未満にしかならない。

中国における売上高営業利益率が高い数字になるのは、アジアでの人件費が安いからであろう。だから、多数の台数を売っても、利益の絶対額は、さほど増えないのだ。簡単に言えば、アジアでの事業は、「薄利多売」にならざるをえないのである。

これが、日本国内から見て望ましいかどうかは疑問だ。全世界事業展開における日本国内での活動の意義は、研究開発、基本的営業戦略策定等になるべきだからだ。その利益率を高めるには、全世界の利益の絶対額が増加する必要がある。

しかし、アジアでは低価格車しか売れないので、そこに経営資源をシフトさせていけば、全世界的な利益の絶対額は減ってしまう。それは、日本国内の事業活動の利益率が低下することを意味するのだ。つまり、売上高や営業利益でのウエイトの大きさだけでなく、売上高営業利益率の高さも、ある意味での「幻影」なのである。

野口悠紀雄(のぐち・ゆきお)
早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授■1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省(現財務省)入省。72年米イェール大学経済学博士号取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授などを経て、2005年4月より現職。専攻はファイナンス理論、日本経済論。著書は『金融危機の本質は何か』、『「超」整理法』、『1940体制』など多数。(写真:尾形文繁)

(週刊東洋経済2012年5月12日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT