キリスト教の真実 西洋近代をもたらした宗教思想 竹下節子著

キリスト教の真実 西洋近代をもたらした宗教思想 竹下節子著

日本は100年も前から西洋先進国が提供する“アーキテクチャー”の中でサバイバルし、経済的な発展と成長を目指し続けてきた。しかし日本人にとっては、この“アーキテクチャー”はキリスト教という特殊な一宗教を初期設定として進化してきた生態系であり、グローバル化した現代はキリスト教に根を持つということがわかりにくい。

キリスト教なしにスタートしえなかった西洋近代が、進化するためにキリスト教の否定を必要としたのはなぜか。キリスト教を否定するイデオロギーはいつ、どのように生まれたのか。パリ在住の評論家が教義に内在する普遍主義の歴史的連続性を読み解き、現代社会の底流にある設計思想・根本概念を探求する。

ちくま新書 924円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT