キリスト教の真実 西洋近代をもたらした宗教思想 竹下節子著

キリスト教の真実 西洋近代をもたらした宗教思想 竹下節子著

日本は100年も前から西洋先進国が提供する“アーキテクチャー”の中でサバイバルし、経済的な発展と成長を目指し続けてきた。しかし日本人にとっては、この“アーキテクチャー”はキリスト教という特殊な一宗教を初期設定として進化してきた生態系であり、グローバル化した現代はキリスト教に根を持つということがわかりにくい。

キリスト教なしにスタートしえなかった西洋近代が、進化するためにキリスト教の否定を必要としたのはなぜか。キリスト教を否定するイデオロギーはいつ、どのように生まれたのか。パリ在住の評論家が教義に内在する普遍主義の歴史的連続性を読み解き、現代社会の底流にある設計思想・根本概念を探求する。

ちくま新書 924円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。