〈銀の匙〉の国語授業 橋本武著

〈銀の匙〉の国語授業 橋本武著

『銀の匙』は夏目漱石が美しい日本語だと激賞した、中勘助の書いた自伝的小説だ。著者はこの200ページほどの文庫本を、神戸の名門・灘校で中学3年間をかけてじっくりと読み込むという伝説の国語の授業を手掛けてきた人物。本書はその授業を再現している。

著者は、「学ぶ」と「遊ぶ」の境界線をなくし、数多くの手作りのプリントを使って、どんどん横道にそれながら『銀の匙』を少しずつ少しずつ咀嚼(そしゃく)するように丁寧に教えていく。

特に国語は勉強の基礎だとして、大学受験だけに必要な勉強法を否定する。人間形成の栄養分となるような、真の“ゆとり教育”を実践している様子がよく伝わってくる。

岩波ジュニア新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。