模倣の経営学 井上達彦著

模倣の経営学 井上達彦著

ヤマト運輸、セブン‐イレブン、トヨタ自動車に共通性がある。いずれもビジネス発展の礎は、摸倣を手掛かりにしたビジネスモデルだった──。

ヤマト運輸の宅配便アイデア、セブン‐イレブンという小売店業態、トヨタ生産方式のスーパーマーケット型仕入れ、これらにはいずれも「手本」があったことは、先人研究者によってその事実が明らかにされている。模倣する力が糧になって、独自性を追求できた。つまり、本質的に優れた経営手法は時代を超え、業界を超えて、大なり小なり伝承され、発展していく。手本を超える事業にするための先行例のモデリングこそが大切なのだ。

本書にはほかの事例もいくつも収録されているが、いずれもその担い手の天才的なひらめきや勘、加えて実現するための飽くなき追求心なしには語れないようだ。となれば、本書は、「模倣の経営」を大成させるのもたやすくないことを他方で教えている。

日経BP社 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。