模倣の経営学 井上達彦著

模倣の経営学 井上達彦著

ヤマト運輸、セブン‐イレブン、トヨタ自動車に共通性がある。いずれもビジネス発展の礎は、摸倣を手掛かりにしたビジネスモデルだった──。

ヤマト運輸の宅配便アイデア、セブン‐イレブンという小売店業態、トヨタ生産方式のスーパーマーケット型仕入れ、これらにはいずれも「手本」があったことは、先人研究者によってその事実が明らかにされている。模倣する力が糧になって、独自性を追求できた。つまり、本質的に優れた経営手法は時代を超え、業界を超えて、大なり小なり伝承され、発展していく。手本を超える事業にするための先行例のモデリングこそが大切なのだ。

本書にはほかの事例もいくつも収録されているが、いずれもその担い手の天才的なひらめきや勘、加えて実現するための飽くなき追求心なしには語れないようだ。となれば、本書は、「模倣の経営」を大成させるのもたやすくないことを他方で教えている。

日経BP社 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。