サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件 山口義正著

サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件 山口義正著

オリンパスの一社員から不可解な企業買収への疑問と内部資料が寄せられて世紀のスキャンダルは表面化する。著者が月刊誌『FACTA』で「オリンパス『無謀M&A』巨額損失の怪」と題するスクープを放つまでの導入部も興味深いが、シラを切る会社側を綿密な取材によって追い詰めていく後半は一気に読ませる。記者会見もインタビューもかなわず菊川剛前会長はじめ事件の中心人物との接点はほとんど皆無とはいえ、オリンパス内部の混乱が外側から手に取るようにわかるのは、真実に最も近かったジャーナリストの書いたドキュメンタリーならでは。

日本はなぜ不正を追及するサムライとわが身至上の愚か者とに極端に分かれるのかというウッドフォード氏の疑問から書名は取られた。調査報道の内幕物として面白いだけでなく、当初は関心をほとんど示さないマスメディアの体質、粉飾を生む会計の落とし穴など多くの問題が提起されて考えさせられる。(純)

講談社 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT