サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件 山口義正著

サムライと愚か者 暗闘オリンパス事件 山口義正著

オリンパスの一社員から不可解な企業買収への疑問と内部資料が寄せられて世紀のスキャンダルは表面化する。著者が月刊誌『FACTA』で「オリンパス『無謀M&A』巨額損失の怪」と題するスクープを放つまでの導入部も興味深いが、シラを切る会社側を綿密な取材によって追い詰めていく後半は一気に読ませる。記者会見もインタビューもかなわず菊川剛前会長はじめ事件の中心人物との接点はほとんど皆無とはいえ、オリンパス内部の混乱が外側から手に取るようにわかるのは、真実に最も近かったジャーナリストの書いたドキュメンタリーならでは。

日本はなぜ不正を追及するサムライとわが身至上の愚か者とに極端に分かれるのかというウッドフォード氏の疑問から書名は取られた。調査報道の内幕物として面白いだけでなく、当初は関心をほとんど示さないマスメディアの体質、粉飾を生む会計の落とし穴など多くの問題が提起されて考えさせられる。(純)

講談社 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。