日立グループの強みを生かし、コマツと肩を並べたい--日立建機社長・辻本雄一

──部品の調達先は、国内、海外でどのように使い分けますか。

たとえば建機の油圧機器については、中国勢もまだ日本製を使っている。つまり、まだ海外に高品質なものを作れるメーカーがないということだ。エンジンも単体で買ってきて付けるわけではなく、当社が使う油圧機器に合わせて設計してもらう必要がある。ここには取引先とのすり合わせの技術があるので、今後も基幹部品は、内製したり取引先と協力したりして日本でやっていく。

それ以外の部品は、海外調達品のほうがかなり安い場合もあるので、高品質で安定的な供給が可能なら海外調達に切り替えていく。

──ブラックボックスとして日本に残るものはありますか。

ある。日立グループの中でやっているのがわれわれの強み。グループ内で調達した部品は、グループ内でブラックボックス化できる。

──中国市場で台頭する地元メーカーをどう見ていますか。

非常な脅威だ。中国現地法人の社長を務めていた5年間、中国勢のシェアは数%しかなかった。それが40%近い比率になっている。足元は金融引き締めで建機市場が落ち込んでいるが、需要が回復したら韓国勢も含めてまた熾烈な戦いが始まる。全世界で見ても、過去のように日立建機、コマツ、キャタピラーが油圧ショベルで2割ずつシェアを分け合うという形は崩れてくるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。