医師が教える幸福な死に方 川嶋 朗著

医師が教える幸福な死に方 川嶋 朗著

世間では「長寿」「アンチエイジング」がブームとなり、健康情報があふれ、健康グッズや健康本、サプリメントなど健康関連ビジネスが盛り上がっている。その一方で、急速な高齢化は医療費の増加や介護といった社会問題をより深刻化させている。こうした風潮に対し、医師である著者は「何のための長生きか」という視点が抜けているのではないかと疑問を呈する。

末期がん患者を多く診療してきた著者が、無病、または病気になったとしても日常生活で介護を必要とせず自立した生活を送れる「健康寿命」と「QOD(クオリティ・オブ・デス=死の質)」をキーワードに、幸せに生き、死んでいくために必要な人生についての向き合い方を指南する。

角川SSC新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。