東レを支える“繊維力” 斜陽事業が大復活!

近年、東レの元にはアパレル業界から次々と共同開発の要望が舞い込んでいる。着心地のよいダウンジャケットを、との大手アパレルの要望には、中綿が飛び出にくい特殊な縫製技術を提案し、ヒットにつなげている。差別化商品を欲するアパレル各社にとって、欠かせないパートナーとして認知されるようになった。

提案型の共同開発は、産業向けの繊維事業でも実を結びつつある。自動車のハンドルの小型化に苦慮していた自動車メーカーには、平らな糸を横に編んだ薄型エアバッグを提案。そのほかカーシートやカーペットなどのインテリア用品でも、テキスタイルや縫製まで手掛ける案件が増えている。

11年の東レの合繊生産量は、インドや中国の企業に及ばず世界10位にすぎないが、売上金額ではトップに立つ。糸売りにとどまらず、テキスタイルや縫製など、繊維素材を加工し、付加価値を高めることを実現しているからだ。

東レの繊維事業に対し、市場の見方も変化した。今では「東レの強みは繊維事業を深掘りし、糸売りなど素材販売にとどまりやすい業界の中で、高い技術が求められる縫製品も事業に組み込んでいること」(UBS証券の高橋昌平アナリスト)と評価する声が大勢を占めている。

入社以来40年にわたり繊維事業に携わってきた田中英造繊維事業本部長は、「グローバルに見れば、繊維事業は成長産業。まだまだ成長の余地はある」と話す。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT