東レを支える“繊維力” 斜陽事業が大復活!

「今の東レの強みは、過去80年以上にわたる繊維技術の蓄積にある。いくら成長できると思っても、合繊技術が生きなければ手を出さない」と日覺社長は言い切る。

技術だけではなく、東レに脈々と受け継がれるDNAも、長い冬を堪え忍んだ繊維事業により培ってきたものだ。「少なくとも5年、10年は我慢しないといけない。地道に我慢し続けることができるのが東レの社風」(日覺社長)。

鉄の代替品として期待が高まる炭素繊維はその最たるもの。71年に東レが事業化して以降、多くの企業が参入した。しかし、収益化が見込めないまま、事業から撤退する企業が相次いだ。投資先行で耐え続けた40年間を経て、航空機や自動車へと市場は一気に開花しようとしている。

もちろん、成長が期待される多くの市場には、化学メーカーなど異業種も参入する。繊維技術の蓄積で対抗できるか楽観はできない。

そうした中、炭素繊維ではボーイング社との、また今後急拡大が見込まれるタッチパネルやリチウムイオン電池のセパレーターではサムスンをはじめ、国内外の有力メーカーとの共同開発を進めている。非繊維事業でも川下企業との連携に勝機を見いだしていく作戦だ。

創業以来、こだわり続けた繊維技術を武器に、非繊維でも市場拡大を狙う。東レの“繊維”が再び成長産業といわれる日がやってきた。


東レの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(鈴木良英 =週刊東洋経済2012年4月21日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT