今後10年間は僕が独走する

外食成長株、ステーキ「けん」井戸実社長に聞く



 ただ「けん」があまりにうまくいきすぎたため、現在育成中の「とんかつ&サラダバー よしかつ」は面白くない。今後は、まずは国内で「けん」を400店舗出店し、その次は別ブランドを育てるかM&Aを実施する。

--エムグラントフードサービスの5年後をどう描くか。

5年後はそんなに変わっていない。売上高500億円、店舗数は600店ぐらいだ。僕はまだこの会社のトップにいて細々とやっているだろう。主力はステーキのけんだが、それでは500億円に届かないので、もう1つか2つのコンテンツがあるはず。自社で作るか、M&Aかはそのときの状況によるが、M&Aの可能性が高い。

■都心は割に合わない、ロードサイドで頂点目指す

--ロードサイドに出店立地を絞っている。都心では店を出さないのか。

あくまで売上高と家賃のバランスの問題だ。1つのお店で1000万円の月商を作るときに、どれだけの面積が必要なのかが問題になる。東京都内で繁盛店と呼ばれるお店は坪当たりの売上高が20万円程度。1000万円の売り上げを作るためには50坪の店がいる。家賃比率が7~8%が適正だと言われる中、50坪の店舗で家賃70万~80万円の物件はなかなかない。

 しかも普通のお店だと坪当たりの売上高は15万円程度、7万~8万円の場合もある。そうするとなかなか都内では成り立たない。ところが郊外のロードサイドではそういった物件がごろごろしている。売上高と家賃のバランスを見たとき、郊外のほうが売り上げを伸ばす余地が大きい。

「けん」のビジネスモデルは客単価や売上高家賃比率など、外食産業のビジネスモデルの王道を行っている。それは僕がすし屋を皮切りに、レインズインターナショナル(焼き肉店「牛角」を運営)、リース会社と仕事を変えてきた中で、飲食店が成立する条件を学んできたからだ。

 よい場所を取ってきて高い家賃でやるのは誰でもできる。難しいのは一本裏道でも集客できる業態を作ることだ。特にレインズでは、二等立地戦略を取ること、設備投資をしてはいけないという大切な2つのことを学んだ。

--ロードサイドの頂点を目指したいとしているが。

やるからには頂点を目指したい。この市場にはすかいらーくというファミレスの基礎を作り、ロードサイドのマーケットを開拓してきた先輩がいる。そのことに感謝はしているが、業界のリーディングカンパニーが「けん」と非常に似通った業態を展開しているのは困ったことだ。売上高では1ケタ(注:すかいらーくの連結売上高は3418億円とエムグラントサービスの15倍)違う。総資産に至ってはロイヤルホールディングスが778億円、すかいらーくは2937億円。当社は総資産は非開示だが資本金は3000万円と大違いだ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング