今後10年間は僕が独走する

外食成長株、ステーキ「けん」井戸実社長に聞く

今後10年間は僕が独走する--34歳でぶっちぎりの外食成長株、ステーキ「けん」井戸実社長に聞く

ここ数年、外食業界で話題を集める新興チェーン「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」(以下「けん」、運営会社エムグラントフードサービス)。井戸実社長率いる「けん」は、2006年7月に1号店として南柏店(千葉県)をオープン。1000円程度のメインメニューを注文すると、サラダやカレーが食べ放題になるという値頃感が受け、急速に店舗数を拡大してきた。12年3月期末でフランチャイズを含めて全230店を展開、売上高は225億円を見込んでいる。

この「けん」の躍進に目をつけたファミリーレストラン各社は「ステーキガスト」(すかいらーく)、「カウボーイ家族」(ロイヤルホールディングス)と模倣業態を続々と投入。業界は空前のステーキブームに沸いている。

 はたして「けん」は競合他社の追撃をかわし、高成長を続けることができるのか。

井戸社長といえば、クレームの電話をかけてきた客について、「たった1000円ちょっとの食事で30分もクレーム電話をし続ける奴の気が知れない」や「ニートは道を歩くな」といった過激なネット発言で知られる人物。ある業界関係者は「トップが知性や教養を欠くと思われがちなことも、外食が主要産業として認められない理由の1つ」として嘆く。企業が拡大局面にある今、発言に慎重さも求められる。


■おいしいのはアイスとカレー

--「ステーキハンバーグ&サラダバー けん」はどのような業態か。

ロードサイドを中心に展開するファミリーレストランだ。他社のファミレス店が退店したあとの設備や建屋をそのまま使う「居抜き出店」でコストを削減し、店舗にはおカネをかけない。その分、顧客にカレーやサラダバーを食べ放題として提供するビジネスモデルだ。ターゲットは家族連れで、客単価は1150~1200円と他社ファミレスに比べ安くはない。

--「けん」のウリは。

「けん」で胸を張っておいしいといえるのがアイスとカレーだ。アイスとカレーは嫌いな人がいないし、集客力も強い。特にアイスは原価だけもらっているイメージ。最初は大手菓子メーカーのアイスを使っていたが、食べ放題に来て200円払ったアイスが普通のアイスだったら面白くない。びっくりするものを探そうと思い、現在のベルギーアイスになった。

仕入れ原価でバケツ1杯(2.4リットル)当たり2000円以上するため、3皿食べられると原価割れしてしまう。コンビニで売っている高級アイスと原価ベースでは変わらない。この高品質アイスを200円で食べ放題にしているのは「けん」だけだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT