オバマ大統領が「不機嫌な猫」を真似たワケ

共和党を茶化す

 10月23日、オバマ米大統領が共和党議員の悲観的な態度を示そうと、ネット上で話題を集めた猫「グランピー・キャット」の顔真似をして会場の笑いを誘った(2015年 ロイター/KEVIN LAMARQUE)

[ワシントン 23日 ロイター] - オバマ米大統領は23日、ワシントンで開催された民主党のフォーラムに出席し、共和党議員の悲観的な態度を示そうと、不機嫌そうに見える表情でインターネット上で話題を集めた猫「グランピー・キャット」の顔真似をして会場の笑いを誘った。

こちらがグランピー・キャット(関連記事はこちら

大統領は民主党全国委員会の女性リーダーシップフォーラムで、「なぜ共和党議員はこれほど米国に悲観的なのだろうか」とコメント。「まるで『グランピー・キャット』のようだ」と述べ、顔真似をしてみせた。

「彼ら(共和党議員)によれば、2008年にはすべてが素晴らしかった。(しかし)当時は失業率が急上昇し、保険の未加入率も高まり、家や職や失う人も多くいた。2つの戦争にも参加し、(アルカイダの指導者だった)ウサマ・ビンラディン容疑者もまだ逃亡中だった」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。