五感で読む漢字 張莉著

五感で読む漢字 張莉著

「みる」という意味の漢字は非常に多くの種類がある。日本でいちばん使われるのは「見」、中国の現代用語では「看」が一般的だ。「見」は「目」と人を表す「儿」から成り、まさに『ゲゲゲの鬼太郎』に出てくる「目玉おやじ」に共通する絵心があると著者は言う。一方、「看」は目に手をかざして望みみる様を形づくり、このニュアンスから看護や看病・看板、よく見るということから看破などの語に使われる。

「五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)」や「五官(目、耳、鼻、舌、皮膚)」の文字は身体性にかかわるものであり、人間の深層心理を表象化したものが多い。若き中国人研究者が現代人の感性を呼び覚ます漢字の世界へと誘う。

文春新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT