五感で読む漢字 張莉著

五感で読む漢字 張莉著

「みる」という意味の漢字は非常に多くの種類がある。日本でいちばん使われるのは「見」、中国の現代用語では「看」が一般的だ。「見」は「目」と人を表す「儿」から成り、まさに『ゲゲゲの鬼太郎』に出てくる「目玉おやじ」に共通する絵心があると著者は言う。一方、「看」は目に手をかざして望みみる様を形づくり、このニュアンスから看護や看病・看板、よく見るということから看破などの語に使われる。

「五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)」や「五官(目、耳、鼻、舌、皮膚)」の文字は身体性にかかわるものであり、人間の深層心理を表象化したものが多い。若き中国人研究者が現代人の感性を呼び覚ます漢字の世界へと誘う。

文春新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT