2050年の世界地図 ローレンス・C・スミス著/小林由香利訳

2050年の世界地図 ローレンス・C・スミス著/小林由香利訳

夏の北極海の氷が最小記録レベルを過去5年続け、海氷の消失による温暖化効果が北の高緯度地域により拡大するとともに、「北極フィーバー」ともいえる世紀の「争奪戦」が始まっている。北極海の海底には化石燃料が豊富に眠っているとみられるからだ。

「世界の未発見の天然ガスの約30%、原油の約13%は北極圏に眠り、それもほとんどが水深500メートル未満」(米地質調査所調べ)であることから、色めき立ったのは環北極圏8カ国(NORCs=北欧4カ国、アイスランド、米国、カナダ、ロシア)ばかりではない。サムスン重工業は北極専用の極地LNG運搬船をすでに開発している。

鉱物資源で未確認なものも少なくない。カナダがランク外から一気に世界3位のダイヤモンド産出国になる現象も起こっている。

今、厳寒の地で何が起こっているのか。科学データを基に2050年の未来図まで、地理学者が描き出そうとしている。

NHK出版 2940円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。