2050年の世界地図 ローレンス・C・スミス著/小林由香利訳

2050年の世界地図 ローレンス・C・スミス著/小林由香利訳

夏の北極海の氷が最小記録レベルを過去5年続け、海氷の消失による温暖化効果が北の高緯度地域により拡大するとともに、「北極フィーバー」ともいえる世紀の「争奪戦」が始まっている。北極海の海底には化石燃料が豊富に眠っているとみられるからだ。

「世界の未発見の天然ガスの約30%、原油の約13%は北極圏に眠り、それもほとんどが水深500メートル未満」(米地質調査所調べ)であることから、色めき立ったのは環北極圏8カ国(NORCs=北欧4カ国、アイスランド、米国、カナダ、ロシア)ばかりではない。サムスン重工業は北極専用の極地LNG運搬船をすでに開発している。

鉱物資源で未確認なものも少なくない。カナダがランク外から一気に世界3位のダイヤモンド産出国になる現象も起こっている。

今、厳寒の地で何が起こっているのか。科学データを基に2050年の未来図まで、地理学者が描き出そうとしている。

NHK出版 2940円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。