オールブラックスが南アフリカを下し決勝へ

31日の決勝はアルゼンチン-豪州戦の勝者と

 10月24日、ラグビーのW杯イングランド大会準決勝、「オールブラックス」ことニュージーランドが南アフリカを20─18で下した(2015年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 24日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会は24日、準決勝の1試合を行い、2連覇を目指す「オールブラックス」ことニュージーランドが南アフリカを20─18で下した。

ニュージーランドは7─12で前半を終えたが、後半に逆転。同大会最多4回目の決勝進出を決めた。31日の決勝では、アルゼンチン─オーストラリア戦の勝者と対戦する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。