ラグビー日本代表、サモアに26対5で完勝

ベスト8の夢に向けて希望を繋ぐ

10月3日、ラグビー日本代表はサモア代表に26-5で完勝した(写真:Reuters / Darren Staples Livepic)

[ミルトンキーンズ・イングランド(ロイター)] - 10月3日、日本代表はサモア代表に対し26-5で勝ち、初の準々決勝進出の夢に向けて希望を繋いた。日本は南アフリカに劇的勝利を収めたが、さらなる新しい記録を追加した。

過去7大会でわずか1勝しか挙げていなかった日本が、フルバック五郎丸 歩のキックと認定トライ、そしてウィング山田章仁のトライで点数を重ねた。ニューカッスルで行われる現在首位のスコットランドと南アフリカの激突前時点で、日本はプールBの暫定2位に浮上した。

サモア代表は全員に規律がなく、フォワードのファイフィリ・レヴァヴェとサカリア・タウラフォがシンビンで10分間の退場を命じられた。その間の23分、認定トライを決めた日本は20 - 0でハーフタイムを折り返すことができた。

ハーフタイム間際に、山田章仁がゴール右隅に飛び込んでトライを奪ったのが大きかった。後半はサモアも反撃をするシーンがあった。自陣ライン付近から右へ左へ流れるようなカウンターアタックを仕掛けたサモアも65分、ポール・ペレスがトライを奪った。しかし、それ以上の点数を重ねることができなかった。
 

( 執筆:レックス・ガワー、編集:デビッド・グッドマン)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT