"夜食テロ"を生む「孤独のグルメ」のこだわり じわじわ人気化し、シーズン5に突入

拡大
縮小
株式会社共同テレビジョン プロデューサーの吉見健士さん
松重豊氏扮する雑貨商の井之頭五郎が、仕事で訪れたさまざまな街で一人もくもくと食事をする――そんな風景が淡々と描かれるドラマ『孤独のグルメ』。久住昌之氏原作、谷口ジロー氏画の、同名の漫画をドラマ化したものだ。
2012年1月に第1回が放映されるやいなや、深夜にもかかわらず「五郎さんの食べっぷりが素晴らしい」「旨そうなものばかりで深夜に見るのは酷すぎる!」などとネットで話題になり、「夜食テロ」と言われるまでに。その後シリーズ化され、この10月2日(金)からはSeason5が始まった。
同番組のプロデューサー吉見健士さんに『孤独のグルメ』が支持され続けている理由を聞いた。

10年間「ドラマ化したい」と訴え続ける

本記事はリクナビNEXTジャーナル(運営:リクルートキャリア)の提供記事です
 

吉見さんは、出版社勤務からTV局の広報に転じ、その後プロデューサーになったという異色の経歴の持ち主。しかも、プロデューサーとしての専門分野はバラエティー。ドラマを手掛けたのは、この『孤独のグルメ』が初めてだった。

「原作者の久住昌之さんの大ファンで、もちろん『孤独のグルメ』も大好き。五郎さんが知らない街で、その時の気分に合った飲食店を自分の勘を頼りに探し出して、門構えに少し躊躇しつつも飛び込んでみる。そして迷いに迷って注文し、もくもくと、しかしおいしそうに食べる……。言ってみれば“ただ食べるだけ”の漫画なのですが、この世界観がたまらない。この世界を映像作品にしたいと、10年ほど前から言い続けてきたんです」

次ページドラマ化を訴え続けてきた
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT