激安エアラインの時代 なぜ安いのか、本当に安全なのか 杉浦一機著

激安エアラインの時代 なぜ安いのか、本当に安全なのか 杉浦一機著

関空─札幌間、関空─那覇間、成田─札幌間が980円、佐賀─上海間3000円、羽田─クアラルンプール間5000円。これらはいずれも航空運賃だ。キャンペーン価格なのだが、それにしても安い。今や、航空自由化によって、こうした航空運賃の価格破壊が起こっている。

この現象は、格安航空会社(LCC=ロー・コスト・キャリア)によってもたらされた。なぜこれほど安くできるのか、安全性はどうかなど、キャンペーン価格は多くて1割程度というLCCのからくりをはじめ、航空アナリストの著者が詳細に解説する。

併せて、LCCで出遅れていた日本が、今後、アジアのゲートウェイとして躍進するための施策も検討する。

平凡社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。