科学者の責任 村上和雄著

科学者の責任 村上和雄著

酵素レニンの遺伝子解読で知られる世界的科学者が、科学と心について述べた書。古今東西の著名な科学者たちをめぐるエピソードを気軽に読み進むうちに、理想の科学者像、科学の限界と可能性についての理解が深まる趣向だ。科学者という狭い範囲を対象とした感もある書名だが、平易な一般的啓蒙書である。

科学あるいは科学者が謙虚さを失ったとき、原発事故は必然的であったし、バイオ分野での暴走も生じざるをえない、だから「科学の発展の横には、きちんとつつしみの心を置いておくことが大切」だとされる。そして霊、魂、「サムシング・グレート」への関心と敬意こそが問われているとする持論へと話は進む。

結論的には「謙虚な科学」の勧めと、大震災を契機にONとなった利他的遺伝子をさらに生かすことの重要性が力説される。これまでの著作と重なる部分も多いが、原発事故を踏まえての発言には説得力があり、文系でもすっと読める。(純)

PHP研究所 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT