科学者の責任 村上和雄著

科学者の責任 村上和雄著

酵素レニンの遺伝子解読で知られる世界的科学者が、科学と心について述べた書。古今東西の著名な科学者たちをめぐるエピソードを気軽に読み進むうちに、理想の科学者像、科学の限界と可能性についての理解が深まる趣向だ。科学者という狭い範囲を対象とした感もある書名だが、平易な一般的啓蒙書である。

科学あるいは科学者が謙虚さを失ったとき、原発事故は必然的であったし、バイオ分野での暴走も生じざるをえない、だから「科学の発展の横には、きちんとつつしみの心を置いておくことが大切」だとされる。そして霊、魂、「サムシング・グレート」への関心と敬意こそが問われているとする持論へと話は進む。

結論的には「謙虚な科学」の勧めと、大震災を契機にONとなった利他的遺伝子をさらに生かすことの重要性が力説される。これまでの著作と重なる部分も多いが、原発事故を踏まえての発言には説得力があり、文系でもすっと読める。(純)

PHP研究所 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。