《震災から何を学んだか》通信インフラ--電源対策など一定程度進むが事業者でバラツキも

通信事業者は電気通信事業法により、災害時の通信手段の確保が義務づけられており、その責任は大きい。東日本大震災での教訓を基に携帯3社とも対策に乗り出している。

基地局の電源対策ではおのおの2000局程度でバッテリーを大容量化。通信センターの多重化、電源増強などにも取り組んでいる。ただ、細かく見ていくと、事業者ごとの震災対策にはバラツキが大きい。

そもそもソフトバンクの場合、東日本大震災当時、災害対応の部門そのものがなかった。人手不足に陥った際には、被災地へ行くボランティア社員を一斉メールで募ったほど。被災地では、「ドコモやKDDIはいち早く復旧に来たが、ソフトバンクはなかなか姿を見せなかった」(宮城県のある自治体)との不満も漏れた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。