いま中国人は何を考えているのか 加藤嘉一著

いま中国人は何を考えているのか 加藤嘉一著

今や世界経済の行方は、中国抜きには考えられない状態となっている。18歳で単身中国に渡り、約9年現地で中国人と接してきた気鋭の研究者が、そんな現代の中国事情を語った。

アイスクリーム専門店のハーゲンダッツが1箱1万円以上もする月餅を製造・販売していたり、中国のスターバックスにはショートサイズがないなど、中国人特有の「面子経済学」なるものを紹介。高速鉄道衝突事故、毒入りギョーザ事件、チベット事情などから日中の考え方の違いを明らかにする。

中国人の生の言動や行動原理から、その計り知れないパワーと、急激な経済成長によって生まれたひずみを浮き彫りにしている。

日経プレミアシリーズ 892円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。