世界経済図説 第三版 宮崎勇、田谷禎三著

世界経済図説 第三版 宮崎勇、田谷禎三著

世界経済を俯瞰的に、コンパクトにまとめた解説書の12年ぶりの改訂版。冷戦終結以降から、新しい体制の転換期に当たる世界経済の現状が追加されている。冷戦の終結とともにほとんどの国が国内の自由化政策と対外的な開放政策を進めた結果、市場経済が拡大。世界経済全体が大きな一つの市場を形成するようになった結果、勝者と敗者が生まれ、経済的格差、社会的不平等を生んでいるという。

その間の各国個別の問題を問う。ITと住宅バブル崩壊による米国経済の後退。ギリシャをはじめとした南欧諸国の財政破綻によるユーロ危機。中国経済の躍進と国民の格差拡大。そして、世界経済の中での日本経済の今後の行方も占っている。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT