世界経済図説 第三版 宮崎勇、田谷禎三著

世界経済図説 第三版 宮崎勇、田谷禎三著

世界経済を俯瞰的に、コンパクトにまとめた解説書の12年ぶりの改訂版。冷戦終結以降から、新しい体制の転換期に当たる世界経済の現状が追加されている。冷戦の終結とともにほとんどの国が国内の自由化政策と対外的な開放政策を進めた結果、市場経済が拡大。世界経済全体が大きな一つの市場を形成するようになった結果、勝者と敗者が生まれ、経済的格差、社会的不平等を生んでいるという。

その間の各国個別の問題を問う。ITと住宅バブル崩壊による米国経済の後退。ギリシャをはじめとした南欧諸国の財政破綻によるユーロ危機。中国経済の躍進と国民の格差拡大。そして、世界経済の中での日本経済の今後の行方も占っている。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。