CSR高成長ランキング・トップ29--環境・社会・ガバナンスと財務から見た成長率1位は協和エクシオ、2位リンナイ

 

強みを発揮するのが本業と関連の深い環境分野だ。エネルギー効率が高いハイブリッド給湯器の開発、販売などを展開。事務用品等のグリーン購入も10年度95.3%と高い水準にある。「13年度までにCO2排出量原単位を09年度比で4%削減」というCO2排出量等削減への中期計画も掲げ実行中だ。

3位はツムラ(同7.49%)。総合ランキングでも89位と上位に位置する。本業の医療用漢方薬を中心に幅広いCSR活動を展開。海外では、ラオスに中学校を建設し地域の教育体制充実に貢献している。障害者雇用にも積極的で10年度は3.19%。こうした幅広い取り組みはすでに高く評価されており、多くのSRIファンドやエコファンドで組み入れられている。

以下、4位ワコールホールディングス(同5.87%)、5位大東建託(同5.52%)、6位前田建設工業(同5.48%)と続く。

5位大東建託は11年3月期の売上高が1兆0011億円と1兆円を超える。他にも24位NTTデータ、26位積水ハウス、27位大日本印刷、28位旭硝子など直近の売上高が1兆円以上の大手企業もいくつかランクインしている。

このランキングは3年連続でCSRと財務の得点が上昇するという高いハードルを課している。これを越える各社はCSRと財務の両面で高いレベルで成長している企業と言える。今後、日本のCSRをリードしていく企業となることも期待できる。

さて、最近、環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)の側面を重視した投資が注目を集めている。CSR企業ランキングはESGに財務のFを加えた評価である。「ESG+F」の高成長企業は銘柄としても魅力的である可能性が高そうだ。

 

 


(岸本吉浩 =東洋経済オンライン)

写真はイメージです。本文とは関係ありません

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。