大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 沢田健太著

 

会社説明会についての解説では「どの会社の説明会もスマートで、手際よく進行する。聞く側としては、ひっかかりがない。質問する前に全部説明してくれる」、「なんの関係もない第三者がこの会場を覗いたら、あやしげな自己啓発セミナーが行われているのかと思ったっておかしくない」と書いている。

確かにそうかもしれない。就活・採活に関わっている人間(わたしもその一人)は、スマートで熱意にあふれる若手社員を前面に押し出して、学生の志望意欲をかき立てるのが、成功する会社説明会と思い込んでいる。しかし赤の他人が会場内に立ち入ったら、自己啓発セミナーの一種と勘違いしておかしくないだろう。

「人事マンが言いがちなセリフ」は7つのセリフを引用している。大半の採用担当者が1シーズン中に何度も使う常套句だと思う。そしてたくさんの応募者に来てもらいたいのは本当だろう。しかし学生に対してこれらのセリフを発することは、結果的にウソになっていないか?

「どんな方でもいらしてください」
「みなさんに来てもらいたいと思います」
「いろいろな人に来てもらいたいと思っています」
「就職活動に学校名は関係ありません」
「ありのままの自分を出してくださいね」
「出る杭を求めています!」
「オレも学生時代は勉強してなくて」
著者は学生に対し、こんな言葉を真に受けてはならないと言っている。

上記だけを読むと、誹謗中傷が多い書物と思うかもしれないが、そうではない。事実を伝えており、ぶっちゃけているが、誠実な書物で文章力も優れている。

わたしはこれまでこの種の本を読んで「だれのために書かれ、何を変えたいのか」と疑問を持つことがあったが、本書はキャリアセンターの職員、大学の教員・職員、人事、採用・就職支援業界の人、学生、学生の親のだれが読んでも、得られるものが多いと信じる。

ちなみに沢田健太はペンネームだ。さすがにこの内容を本名で書けなかったのだろう。読んだ印象では40代半ばの方のようだ。ペンネームのままでいいから、もっと書いてもらいたいと願う。

(HR総合調査研究所(HRプロ) ライター:佃光博=東洋経済HRオンライン)

ソフトバンク新書 767円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。