不届き痴漢を排除!NYで「キスカム」復活

観光名所タイムズスクエアの名物

 10月13日、レブロンは、ニューヨーク市の観光名所タイムズスクエアに展開していた「Kiss Cam(キスカム)」を復活させた。写真はキスカムの前に立つ人たち(2015年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 化粧品大手レブロンは13日、米ニューヨーク市の観光名所タイムズスクエアに展開していた「Kiss Cam(キスカム)」を復活させた。カメラに向かってポーズしている女性への痴漢被害が相次いで報告されたことから、一時停止となっていた。

「キスカム」は、スポーツ試合の合間などに客席のカップルを撮影し、スクリーンに映してそのカップルにキスを促すというもの。

レブロンは昨年11月からマーケティングキャンペーンの一環としてタイムズスクエア近くにカメラを設置。道を行きかう人々を撮影し、巨大スクリーンにその様子を映し出していた。

ニューヨーク市警によると、カメラに向かって自分の写真を撮ることに夢中になっている女性に近づく痴漢が増えており、先月数人が逮捕された。レブロンは今後、夜間はスクリーンを点灯しないという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT