不届き痴漢を排除!NYで「キスカム」復活

観光名所タイムズスクエアの名物

 10月13日、レブロンは、ニューヨーク市の観光名所タイムズスクエアに展開していた「Kiss Cam(キスカム)」を復活させた。写真はキスカムの前に立つ人たち(2015年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 化粧品大手レブロンは13日、米ニューヨーク市の観光名所タイムズスクエアに展開していた「Kiss Cam(キスカム)」を復活させた。カメラに向かってポーズしている女性への痴漢被害が相次いで報告されたことから、一時停止となっていた。

「キスカム」は、スポーツ試合の合間などに客席のカップルを撮影し、スクリーンに映してそのカップルにキスを促すというもの。

レブロンは昨年11月からマーケティングキャンペーンの一環としてタイムズスクエア近くにカメラを設置。道を行きかう人々を撮影し、巨大スクリーンにその様子を映し出していた。

ニューヨーク市警によると、カメラに向かって自分の写真を撮ることに夢中になっている女性に近づく痴漢が増えており、先月数人が逮捕された。レブロンは今後、夜間はスクリーンを点灯しないという。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。