錦織圭を語るなら「テニス」のここを押さえよ

この蘊蓄100章を知っておこう

61. 「この一球は絶対無二の一球なり」から始まる「庭球訓」は第1回全日本テニス選手権優勝者・福田雅之助の言葉

62. もとは1941年に早稲田大学庭球部員のひとりに贈った言葉で、多くのテニスプレイヤーの座右の銘となっている

63. 松岡修造がテニスを始めるきっかけとなったのが『エースをねらえ!』。海外遠征にも全18巻を持参していた

サーブの最速記録は、時速263キロメートル

サーブの最速記録は、驚きの263キロメートル(写真 :one / PIXTA)

64. サーブの最速記録は2012年に当時ATPランク340位のサミュエル・グロスが更新した時速263キロメートル

65. グランドスラム制覇の最年長記録は1972年全豪オープンで優勝したケン・ローズウォール37歳62日

66. 男子のグランドスラム制覇最年少記録は1989年全仏オープンで優勝したマイケル・チャン17歳3カ月

67. 女子の最年少記録保持者は、1997年全豪オープンを16歳3カ月で制したマルチナ・ヒンギス

68. ヒンギスは16歳で世界ランキング1位も獲得した

69. シュテフィ・グラフの世界ランキング1位在位記録は通算377週で、男女を通じて最長記録

70. 男子の世界ランキング1位の最長在位記録はフェデラーが302週で更新中

71. フェデラーは2003~2005年に決勝で24連勝している

72. 年間でグランドスラム4大会すべてとオリンピックに優勝することを「ゴールデンスラム」と呼ぶ

73. ゴールデンスラムを達成した唯一のテニスプレイヤーは、シュテフィ・グラフ

74. 史上最長試合は11時間5分。2010年ウィンブルドンのイズナーvs.マユ戦でスコア4-6、6-3、7-6、6-7、68-70

75. この1試合でゲーム数は183、イズナーはサービスエース112本を放つなど数々の史上最多記録が誕生した

76. 1980年ウィンブルドンのボルグvs.マッケンローの決勝戦は史上最高の名勝負として語り継がれている

77. 通算勝利数の歴代最多記録はジミー・コナーズの1253勝。ツアー最多優勝回数109回の記録保持者でもある

78. 通算獲得賞金No.1はフェデラーの8861万1538ドル(2014年シーズン終了時点)で現在も更新中

79. 男子のグランドスラム優勝回数最多記録はフェデラーの17回。2位は14回でナダルとサンプラスが並ぶ

80. 年間勝率の最高記録は、1984年のジョン・マッケンローが96.47%(82勝3敗)という成績を残し圧倒

次ページ試合観戦に気をつけたいマナーとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT