「2人に1人はガンになる」という通説の誤解

30代のあの人に保険はどの程度必要なのか

30~40代など若くして不幸にもガンにかかってしまう可能性は「2人に1人」ではありません(写真:Graphs / PIXTA)

あらゆる病気の中で最も死亡率の高い「ガン」。厚生労働省の人口動態統計によると、ガンは1981年以降ずっと日本人の死因第1位で、全体の3割を占める。3人に1人がガンで亡くなっている計算だ。

全国健康保険協会のホームページには、「日本人の2人に1人がガンにかかる」という表記がなされている。ガン保険のテレビCMでも同じフレーズがうたわれている。

今年9月には元プロレスラーでタレントの北斗晶さんが乳ガンの摘出手術を受け、女優の川島なお美さんが胆管ガンで亡くなった。またハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんは、ガンの予防のため、2013年と今年5月に相次いで健康な両乳房と両側の卵巣・卵管を切除する手術を受けた。芸能人のガンがたびたび話題になるにつれ、ガンを他人事とは思えない人も多いのではないだろうか。

「2人に1人がガンになる」のはいつか?

人間の体は約60兆個の細胞でできており、絶えず細胞分裂で新しい遺伝子をコピーしていく。ところが、発ガン物質などの影響で遺伝子が突然変異することがある。それ自体は健康な人でも起こっているのだが、問題はそうした異常な細胞を死滅させる体内の免疫細胞の攻撃をくぐり抜ける「ガン細胞」が時折生まれることだ。それが異常な分裂・増殖を繰り返して、ガンになる。全身のあらゆる場所に発生する可能性がある病気だ。

北斗晶さんの夫、佐々木健介さんは「最初に『乳ガン』と聞いた時、頭がどうかなってしまうと思うぐらい戸惑いがあった」と述べたが、「ガン」と聞くと誰もが死を意識せざるをえないものだ。

次ページガンと診断される人が増えている理由
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。