AIJ年金消失問題で一斉調査、問われる金融庁の監督責任

金融庁では、今回の行政処分にあたり、AIJの2010年12月末時点の運用資産を1832億円と発表しているが、あくまでこれは国内分だけ。10年12月末の事業報告書には海外契約分が2件で規模は約2000億円もある。これを含めると同時点での運用総額(国内・海外の合計)は約3900億円にもなる。

しかし、最新の要覧に掲載された11年3月末時点では海外契約数は1件、約230億円に急減しており、わずか3カ月後に海外契約分の約1800億円が抜け落ちたことになり、運用規模の急激な増減が際立つ。

AIJ問題を受けて、金融庁は投資一任業務を行う金融取引業者265社に対し、一斉調査に乗り出した。業者に送られてきた資料を見ると、当局への報告要請項目は、会社の沿革に始まり、顧客名及び属性(国内か海外(地域別)か、公的年金か私的年金か、など)、外部監査の有無、顧客ごとの投資一任契約の内容や契約金額、発注先ブローカーの状況に至るまで、事細かく15項目にも及ぶ。

一斉調査で他の事業者に問題が見つからなかったとしても、金融庁によるAIJのチェックに基本的な見落としはなかったのかという点は残る。実際、細かい投資手法に立ち入らずとも、同業者がAIJの事業報告書を見ただけで不可解な点が散見されるだけに、当局の監督責任が大きく問われる。
(井下健悟 撮影:尾形文繁 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT