AIJ年金消失問題で一斉調査、問われる金融庁の監督責任

AIJ年金消失問題で一斉調査、問われる金融庁の監督責任

「顧客資産の状況について、現時点で投資家に説明できない状況にある」と当局へ報告し、2月24日には金融庁から1カ月間の業務停止命令を受けたAIJ投資顧問(東京都中央区)。こうなると公表されてきた数値自体がどれも疑わしい限りだが、AIJの事業報告書を改めて見た業界関係者からすると、「運用規模に比べて営業収益が少なすぎる」という。

日本証券投資顧問業協会の『投資運用会社要覧(以下、要覧)』には、運用会社の財務状況や運用規模のほかに、基本報酬体系も掲載されている。AIJの場合、契約資産が50億円までの年間基本報酬体系の料率は、国内外投資や投資形態(株式、債券、バランス型)に区分したうえで0.3%~0.9%となっている。
 
 例えば、11年3月末時点の契約資産約2100億円に、もっとも低い料率の0.3%をかけても報酬は6億円強になる。だが、2010年12月期の事業報告書に記載された営業収益はわずか8000万円弱しかなく、「ケタが1つ小さい」(業界関係者)。

改めて過去の数字をさかのぼると、運用規模が年々拡大してきた一方、投資顧問部門収益はむしろ減っている(表参照)。



 
 「(AIJの)事業報告書に記載された営業収益の区分もおかしい。投資顧問料はわずか242万円で、業務委託料が7707万円。業務委託料という項目は通常あまり使わない。収入の少なさや計上した項目について、金融庁は指摘をしなかったのだろうか」と業界関係者は疑問を呈す。
 
 投資運用業者は年1回、事業報告書を金融庁に提出する必要があるが、外部監査という形で第三者のチェックを受ける義務は法律で課されておらず、AIJの場合も外部監査は受けていなかった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。