金融市場の「見えざる手」は詐欺も演出する

伝染病や火事の予防を怠れば世界は破滅へ

「見えざる手」に釣られることも(写真:ロイター/Lucas Jackson)

アダム・スミスが、自由な競争市場での各個人の利益追求が社会全体の利益につながるという「見えざる手」について書いたことは有名である。

スミスは正しい。自由市場は各個人と社会の両方に未曾有の繁栄をもたらした。だが、我々は自由市場に操られたり、騙されたり、さらにただ誘惑を受けたりする。そして個人にとっても、社会にとっても良くない物を買わされることもある。

ジョージ・アカロフとの共著「Phishing for Phools: The Economics of Manipulation and Deception」で私は、こういうマイナス面に関する分析を行った。

資産市場は詐欺のメッカ

人々の多くは、「フィッシング」と呼ばれる迷惑な詐欺行為のEメールや電話を受け取ったことがあるだろう。「フール (phool)」とは、フィッシングが身近に起きていることを完全に理解していない人のことだ。

フールは個別のフィッシング事例は認めているが、それに充てられたプロ意識の度合いや、そのプロ意識が犠牲者の生活にどれほど影響を及ぼすかを正しく理解していない。残念ながら、われわれの多くはフールだった。アカロフも私もそうである。それ故、この本を書くことにした。

日常的なフィッシングが最も懸念されるのは金融市場に関してだ。2009年以来の株式および不動産市場の大ブームや先月からの国際資産市場の混乱を考えると、良いタイミングである。

多くの楽観論者が損失を出して学んだように、資産価格は非常に変動しやすいため大規模なフィッシングが横行している。借り主は不相応な担保を提供するよう誘われ、企業は資産をはぎ取られ、会計士は投資家を欺き、ファイナンシャルアドバイザーは無から富を得た人の話を延々と語り、メディアは巨額の取引を宣伝する。

次ページ「暗黒時代」の再来は避けねばならない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT