東京電力・偽りの延命、なし崩しの救済《3》--料金値上げ、原発再稼働

政策見直し作業は夏に向けスパート

特別計画策定が最終局面を迎える一方で、国のエネルギー・電力政策見直しも急ピッチで進む。今夏にかけて、各政策の見直しが目白押しだ。8月には、将来的な原発利用の見通しも含めた「エネルギー基本計画」が出てくる。

並行して、枝野経産相の肝いりで設置された「電力システム改革専門委員会」が、発送電分離を踏まえた新たなエネルギー政策を打ち出す計画で、将来の電気事業法の改正も視野に入れている。

原発政策も大きく変わろうとしている。4月に保安院を経産省から環境省に移行させ、「原子力規制庁」が誕生。8月には今後10年の原子力政策の基本方針となる「原子力政策大綱」も改定される見通しだ。

原発事故の原因究明では、国会の事故調査委員会が7月下旬をメドに最終報告書をまとめる。その間にも、全国の原発は次々と定期点検に入り、4月下旬には全原発が止まる事態も予想される。エネルギー産業を取り巻く環境は、わずか半年間で一気に様変わりすることになるかもしれない。

(週刊東洋経済2012年2月18日号より)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。撮影:尾形文繁
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT