サウジ大巡礼の圧死者が700人超に

国王が運営見直し指示

 9月24日、サウジアラビアのメッカ近郊で多数の巡礼者が将棋倒しになった事故で、当局は死者が717人に増加したと発表した。写真は、負傷した巡礼者を治療する医療従事者、24日撮影(2015年 ロイター)

[ミナ(サウジアラビア) 25日 ロイター] - サウジアラビアのメッカ近郊で24日に多数の巡礼者が将棋倒しになった事故で、当局は死者が717人に増加したと発表した。大巡礼(ハッジ)で発生した事故としては、過去25年間で最悪という。

死者には外国人も含まれ、負傷者は少なくとも863人となった。事故を受け、同国のサルマン国王は大巡礼の運営方法を見直すよう指示した。

事故はメッカから数キロ離れたミナで、2つの巡礼グループが町の交差点に詰め掛けた際に起きた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。