サウジ大巡礼の圧死者が700人超に

国王が運営見直し指示

 9月24日、サウジアラビアのメッカ近郊で多数の巡礼者が将棋倒しになった事故で、当局は死者が717人に増加したと発表した。写真は、負傷した巡礼者を治療する医療従事者、24日撮影(2015年 ロイター)

[ミナ(サウジアラビア) 25日 ロイター] - サウジアラビアのメッカ近郊で24日に多数の巡礼者が将棋倒しになった事故で、当局は死者が717人に増加したと発表した。大巡礼(ハッジ)で発生した事故としては、過去25年間で最悪という。

死者には外国人も含まれ、負傷者は少なくとも863人となった。事故を受け、同国のサルマン国王は大巡礼の運営方法を見直すよう指示した。

事故はメッカから数キロ離れたミナで、2つの巡礼グループが町の交差点に詰め掛けた際に起きた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT