「管理職候補」から女を閉め出す、3つの要素

本来は、女性こそ管理職に「向いている」!

もともと女性は、(子育て経験者に限らず)人の世話をする経験のある人が多く、それを得意とする人も大勢います。その過程で相手の強みを見つける、細かい違いに気づいて個別に対応する、というコミュニケーション能力に長けている人も多いので、実は女性は「管理職に必要なスキルを備えている人が多い」と言えるのではないでしょうか。

「自分が指導をうけた男性上司たちのように、強いリーダーシップでチームを引っ張ることは真似できない……」と、管理職になることに不安を抱えている女性社員の皆さん、安心してください。面倒見のよさや、コミュニケーション能力の高さなど、自分の得意なことを生かして管理職の仕事に取り組めばいいのです。

しかしながら、日本の女性管理職はなかなか増えてこないという現状は見過ごせません。それはいったい、なぜなのか……。いくつかのデータを紐解いてみると、実はすぐに合点がいくのです。

「母集団」からどんどん減っていく女性社員

まずは労働人口の大枠から。日本の女性の25〜54歳の就業率は、2014年時点で約70.8%です(「雇用アウトルック2014」(OECD)より引用)。この数字は、他国から大きく遅れをとっているわけではありません。

また、就業者全体に占める女性の割合も42.8%であり、男女平等性が高いジェンダーギャップ指数上位国のフランス47.9%、スウェーデン47.6%、ノルウェー47.3%などと比較しても、その差はごくわずかです。

一方で、日本の女性管理職率は11.2%と、欧米諸国の平均30〜40%と比較しても、やはり極端に低い水準です(「データブック国際労働比較2015」(独立行政法人労働政策研究・研修機構)より引用)。日本は、女性の就業率においては、諸外国との差がわずかにもかかわらず、なぜ、女性の管理職率が極端に低いのでしょうか?

そのカラクリは、「雇用形態」を細かく見ると一目瞭然です。

一般的に、日本企業で管理職に登用されるためには「正規社員」であることが必要です。先ほど、就業者全体に占める女性の割合は42.8%であると述べましたが、雇用形態が「正規社員」の人だけを抽出してみると、女性の割合は31%に縮小。つまりこの時点で、管理職候補になりうる母集団から女性がぐっと減るのです。

さらに日本の多くの企業の場合、管理職に登用されるためには「正規社員」かつ「総合職」であることが必要。就労者のうち、雇用形態が「正規社員」かつ「総合職」の人を抽出すると、女性の割合は18%になります。

次ページ女性の候補を減らす「最重要の要素」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT