スカイマーク会長が退任直前に語った真実

井手会長に聞く、スカイ17年の軌跡<前編>

9月29日に会長を退任する井手氏。その胸中に去来するものとは(撮影:大澤誠)
「スカイマークの独立性と雇用の維持という“ストライクゾーン”はきっちり守れた。今は率直に、すがすがしい気持ちだ」
9月29日に取締役を一新し、新しい経営体制へと移行するスカイマーク。社長就任から約17年間、同社の舵取りを担ってきた井手隆司会長は同日をもって退任する。今年1月の経営破綻以降、スカイマークの民事再生は混迷を極めた。新たなスタートを前に、井手会長はまず冒頭の言葉を口にした。
「日本の航空会社で私ほど長く経営に携わっていた人は、ほかにいないだろう」と言う井手会長に、これまでのスカイマーク、そして航空業界の変遷を聞いた。

就任してみたら資金は底をつく寸前

井手氏がスカイマークとの最初にかかわりを持ったのは、前職のブリティッシュ・エアウェイズにまだ在籍していた時。1997年の年末に、当時会長を務めていた澤田秀雄氏(現エイチ・アイ・エス会長)から「アドバイスをくれないか」と打診を受け、顧問に就いた。

「当初スカイマークは1998年の春に就航予定だったが、それが6月、8月と後ろにずれていった。体制作りにかなり苦労されていたので、アドバイスをくれないかと打診をもらった。事業計画を拝見し、規定作りなどで助言をしていた」

最終的には、翌1998年の就航後に社長に就任した。入社当初は驚きの連続だったという。

「一番驚いたのは財務体質。事前に聞いていた内容とはずいぶんと違っていた。まず、基本的な財務諸表が作られていない。就航までの2年の準備期間をよくやっていたなと思った。澤田さんからは『50億円はある』と聞いていたが、バランスシートや損益計算書を作ってみると、資金は底をつく寸前だった。

だから、最初に着手したのが増資だった。正直なところ、社長業をやっていたという感覚はあまりない。むしろ“個人事業主”のような感覚。在任期間中は資金の手当てばかりに動いていた」

次ページボトルネックは資金だけではなかった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。