スカイマーク会長が退任直前に語った真実

井手会長に聞く、スカイ17年の軌跡<前編>

「マスメディアにも叩かれ、他社もネガティブキャンペーンを展開して、客数も随分減った。ただ、結果的には効率のよいB737への入れ替えもでき、羽田―新千歳線という幹線にも就航できた」

西久保さんでなければ独立を保てなかった

(撮影:尾形文繁)

この間、2004年1月には、前年に筆頭株主となっていた西久保愼一氏が社長に就任した。インターネット業界で名を馳せた経営者の異例ともいえる転身だった。

「西久保さんは『自立した第三の航空会社に仕上げるんだ』といって投資してくれた。(IT業界出身なので)予約システムも作ることができるのも大きかった。小型機材を高頻度で飛ばす計画を前に進める重要なステップだった。

もともと澤田さんと私は考え方が違っていた。澤田さんはどちらかというと大手の傘下に入った方がよいという考えを持っていた。西久保さんがオーナーになっていなかったら、独立性を保てなかった可能性は高い」

西久保氏の社長就任後には、整備士や乗員の退職が相次ぎ、事業に支障を来した局面もあった。同氏が取り入れた成果主義的な人事制度が原因ではないかという声も相次いだ。

「これは西久保さんが何かをしたからということではない。乗員や整備士はどうしても他社、特にJALやANAと待遇を比較する。しかし、われわれが低価格を提供し続けるにはコストを抑えないといけない。

一部には独自の労働組合を作ろうとする動きもあった。ただ、そこだけ待遇が上がると、ほかも上げなければならない。それでは経営は無理。スカイマークの方針に賛同できないのであれば出て行ってもらっても構いません、という話が大げさに伝わったのだと思う」

次ページ何が破綻の根因なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。