キリンビバレッジが飲料業界5位に転落、カリスマ社長に重圧

キリンビバレッジが飲料業界5位に転落、カリスマ社長に重圧

飲料業界大手のキリンビバレッジが2年連続でシェアを落としている。

2011年の販売シェアは10%弱でアサヒ飲料に抜かれ、5位に転落した。かつて首位コカ・コーラ、2位サントリーとともに3強の地位にあったが、10年に伊藤園に3位の座を譲り、さらに後退を余儀なくされた。「売れ筋のお茶や水が弱いアサヒにまで抜かれるとは」。業界関係者からは、驚きの声が聞こえる。

背景にあるのは、前田仁社長(写真左)が進める収益重視の戦略だ。シェアを取りに行く他社と異なり、キリンは不採算の販売先を絞り、利益を優先している。だが、その営業利益も、「11年度は販促費を削った効果が出る程度で、大幅増益は期待できない」(アナリスト)とみられる。

前田社長は、キリンビール時代に次々とヒット商品を生み出してきた実力者だ。主力銘柄の「一番搾り」をはじめ、発泡酒「淡麗」、缶チューハイ「氷結」など、数々の看板商品を開発し、「キリンの宝」とまで言われている。

その前田氏がキリンビバレッジに送り込まれたのは09年のこと。他社との価格競争に押され、利益を急速に落としつつある中で、再建を託されての登板だった。

就任直後、「あの前田さんが社長をやるのは脅威」(大手飲料メーカー幹部)と、競合他社も警戒を強めていた。だが、10年度の営業利益は84億円と低迷前の07年度の約半分。かつての水準まで回復させる道筋はついていない。

前田社長が再建に手こずる一因とみられるのが、成功してきたビール業界と、飲料業界との競争環境の違いだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT