キリンビバレッジが飲料業界5位に転落、カリスマ社長に重圧

再び拡大目指すが…

4社寡占のビール業界では近年、各社は安売りを回避する方針で一致している。

一方、飲料業界は100以上のメーカーがひしめく。「とにかく量が重要な世界。量が出なければ、棚を維持できなくなる」(前出の飲料メーカー幹部)。従来との戦い方の違いに、前田社長が戸惑っている可能性はある。

そんな中、1月の事業戦略説明会では、拡大戦略への転換を発表した。12年の目標販売量は前年比9%増と、4位アサヒの4%増より強気の数値。低迷する「生茶」をリニューアルし、牽引役に据える。前田社長は「利益管理できる体制が整ったため、増収による増益を目指す」と、次の段階への移行を強調した。

だが、他社の見方は「数量を求めれば、価格競争は必至。『シェアも利益も』とうまくはいかない」と冷ややかだ。

キリンホールディングス次期社長の最右翼と目されてきた前田氏。ここに来て、正念場を迎えている。


キリンホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(張子溪 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2012年2月4日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT