ギングリッチ復活は米有権者の「憤り」の表れ【米大統領選・専門家の見方】

21日に行われた米共和党の大統領候補指名を争うサウスカロライナ州予備選では、ギングリッチ元下院議長が大差で勝利し、前回第2戦のニューハンプシャー州予備選で勝ったロムニー前マサチューセッツ州知事は第2位、緒戦のアイオワ州において僅差で勝利したサントラム元上院議員は第3位だった。

今回の結果と今後の見通しについて、みずほ総合研究所の安井明彦・ニューヨーク事務所長は次のように分析している。以下、要旨。

ロムニー氏にとっては風向きの悪い選挙結果に

ペリー・テキサス州知事の選挙戦離脱もあり、サウスカロライナ州では「反ロムニー票」がギングリッチ氏にある程度集結。得票率が再び「30%の壁」に直面したロムニー氏は、予想外の大差で敗北した。

何よりも、「恵まれた金持ち」とのイメージがマイナスに働き始めたことが、ロムニー氏にとっては気がかりだ。ニューハンプシャー州での予備選挙で浮上したベイン・キャピタル時代への批判(「ハゲタカ・ファンドへの加担」)に加え、納税記録の公表を渋ったことが「優遇税制の恩恵にあずかる金持ち」というイメージを喚起した。

ロムニー氏の恵まれた状況は、「富裕層だけが得をする」という米国の庶民が感じている憤りの象徴のように扱われており、予備選挙のみならず本選挙に向けても同氏の大きな弱点となる可能性がある。

また、当初から予想されたこうした批判に有効に対処できていないことで、ロムニー氏の候補者としての適性や選挙体制の強さについても疑問符がつきかねない状況。「結局勝つのはロムニー氏」という同陣営が作り上げてきたストーリーが揺らいでおり、2008年民主党予備選挙でのクリントン氏と似たような状況に陥る危険性がある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT