田原総一朗氏が語る不安な時代--暴排条例はテレビも全面賛成、NOと言うのがマスコミだ

企業が暴排条例違反を避けるには、運用や解釈の仕方など、警察の動向を知るのが一番手っ取り早い。現実にパチンコチェーンや警備会社、芸能事務所など、警察からの天下りを受け入れる会社は少なくない。

 会場では、実際にある労働組合から、1部上場のセメントメーカーで、「団体交渉の場にまで警察出身の役員が座り、『その言葉遣いはおかしい』などと威圧するケースもあった」との発言もあった。警察を背景とした権力の矛先が労組だけでなく、場合によっては、今回の条例で企業や一般市民にも向きかねない、というわけだ。

圧巻だったのは田原氏だ。「民放連(日本民間放送連盟)でさえ、暴排条例に全面賛成している。これは間違った正義感だ。警察や検察に全面的に味方しているが、NOと言うべきなのがマスコミだ。マスコミはもっと強くなれ、私は言いたい」。自らが寄って立つメディアへの警鐘を鳴らした。

最後には西部氏がこう締めくくりの言葉を述べ、場内からは、笑いともため息ともつかぬ声が漏れた。「水清ければ魚住まず。イタリアはマフィアがいたから面白かった。(反社など異質な勢力は)ほどよい割合でいてくれるのが成熟社会」--。

暴排条例自体は成立してしまった中、こうした異論・反論をどう世の中に訴え、企業や一般市民から支持を得るか。暴力団の取り締まりは当然のこととしても、警察による暴力団対策の裏側にある危険性について、一石を投じた共同声明と言えようか。

(撮影:梅谷 秀司 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT