田原総一朗氏が語る不安な時代--暴排条例はテレビも全面賛成、NOと言うのがマスコミだ

田原総一朗氏が語る不安な時代--暴排条例はテレビも全面賛成、NOと言うのがマスコミだ

1月24日火曜日13時。参議院会館地下会議室で、ある記者会見が開かれた。テーマは「暴力団排除条例の廃止を求め、暴力団対策法に反対する共同声明」。田原総一朗氏や西部邁氏、佐高信氏、宮崎学氏ら、ジャーナリストや作家のほか、辻井喬(堤清二)氏、鈴木邦男氏まで、それこそ保守からリベラル、経済人まで、錚々たる顔触れだった(タイトル横写真は記者会見の様子、左から宮崎氏、西部氏、辻井氏、田原氏、鈴木氏、佐高氏)。

11年10月までに全都道府県で導入された暴排条例は、たとえ一般人でも、暴力団員との関係の近さによって、「共生者」「密接交際者」の範疇に定義付けられる。それも明確な規定はなく、警察当局の裁量によるところも大きい。過去の個人情報保護法のような過剰反応、拡大解釈も考えられ、「暴力団員と一緒に記念写真を撮ったら条例違反になるのか」など、極端なケースさえ想定されている。

「『暴力団と交際するな』などプライベートなことだ。誰かを“排除”だとレッテルを貼って、彼らを全部悪いと断定するのはいかがか」。西部氏が条例についてとうとうと批判した。

かつてセゾングループを率いた辻井氏も、「法や条例でおせっかいするのは勘弁してほしい。(暴力行為がなくなるよう)社会全体を健康的にする以外にない」と、反対論をぶった。

佐高氏も「(暴力団など反社会的勢力のいない)無菌社会とは極めて弱い社会。人は菌に鍛えられて強くなるもの。毒と薬は裏腹だ。物事の出発点の考え方がおかしく、まさにエリート官僚が考えたようなもの」と続いた。

警察天下りを受け入れる企業側のメリットとは

暴排条例、さらに今通常国会で議論される暴力団対策法の第5次改正など、警察による一連の暴力団対策の動きについては、「警察OBの雇用対策」との指摘も聞かれる。

関連記事
トピックボードAD
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。