インド人採用の極意とは?--行列のできる在インド中小企業経営者・中島敬二氏に聞く

 

--日本式経営はどんなものを導入していますか?

社内公用語が日本語です。会社内で使う言葉は日本語、だから、わざわざ日本語の先生を2人、社内に置いているんです。うちの会社は9時始まりですが、タイムカードは8時42~47分の間に押されています。

毎日、9時に朝礼をします。工場長がその日の段取り指示や、注意事項について日本語で話します。従業員はその程度の日本語は理解するようになっています。

--その日本語はいつ訓練するのでしょうか。就業中ですか?

就業中ですね。そのほか、寮も一緒ですから、覚えていくんです。ちゃんとお辞儀であいさつします。

--すごい。若さもあるかもしれませんが、やっぱり優秀なんですね。

そうですね。確かに頭の良いコを採用していると思います。例えば、彼らは日本で3~4年かかることを2年でもう習得しています。一部のスタッフは、もう後輩を教えるレベルになっています。あとは家族経営というのもありますね。

料日前に、感謝パーティをやったりします。ポケットマネーで賞金をつけてビンゴゲームとかをやると盛り上がったりします。これは家族経営の良いところかもしれません。

--経営をしていて嬉しかったことは何かありますか?

少しだけれども利益が出たんですね。で、ボーナスを出そうとしたら、従業員達のほうから「何をいっているんですか。まだ会社ができたばかりでボーナスなんてとんでもない」と言ってくれたんです。これはうれしかったですね。結局、幹部には払わず、給料の安い人たちだけボーナスを出すことにしました。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング