速攻!これだけ!!自己PR&企業研究 寺澤康介監修

速攻!これだけ!!自己PR&企業研究 寺澤康介監修

12月1日から就活が本格的にスタートし、企業の合同説明会が全国で開催されているる。就活スタートが2カ月後ろ倒しになったことによる混乱が予想されており、学生、親、大学のキャリアセンターともに気の抜けない日々が続く。

本書は第1章「就職基礎編」、第2章「企業研究編」、第3章「就活スケジュール編」、第4章「OB・OG訪問編」、第5章「自己PR・エントリーシート・面接編」から構成されていて、就活に関するあらゆる情報がコンパクトにまとめられている。文章だけでなく、ポイントを箇条書きしてあるので、たいへん読みやすい。

監修の寺澤康介氏が代表を務めるHRプロ(株)は、企業の人事部への情報提供を主な事業としていて、約1万2000人の人事担当者が会員登録している。寺澤代表は採用する側の人事担当者の本音を熟知しているのだ。寺澤代表によると、多くの学生が就職に関する正確な情報を知らず、間違った努力をしているという。

数多くの就活本が出版され、過度にテクニックに走ったマニュアル本が少なくないが、本書は採用する側の本音に基づいて、学生がやるべきことをアドバイスしている。

(東洋経済HRオンライン編集長:田宮寛之)

新星出版社 1050円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。