「新型iPhone」は、軽量素材で大きく進化?

アップルが明らかにする新製品の衝撃

アップルのロゴが光る「ビル・グラハム・シビック・オーディトリウム」

いよいよ、米国西海岸時間9月9日午前10時から、アップルの新製品発表イベントが開催される。日本時間では9月10日午前2時からの開催となる。既にサンフランシスコには、日本から15名以上の取材陣が現地入りし、明日のイベントに備えている。

iPhoneの1年に1度の刷新に加えて、様々新製品の登場が期待されている今回のイベント。会場があるサンフランシスコから、直前の現地レポートをお届けする。

会場は伝説的なプロモーターの名前を冠する会場

2014年、大成功を収めたiPhone 6/6 Plusと、市場で好調な売れ行きを見せるApple Watchを披露した会場は、アップルが本社を置くクパティーノ市の美術大学にあるホールだった。2015年は、場所をサンフランシスコ市内に移し、ビル・グラハム・シビック・オーディトリウムで開催されることになった。

1915年に開業した多目的アリーナは、7000人を収容し、会場の規模としては開発者会議WWDCが毎年開催されるモスコーン・ウェストの基調講演会場より大きい。もちろん世界中から7000人のプレスが詰めかけるわけではなく、ステージとタッチアンドトライの会場が設けられることになるだろう。

会場の名前「ビル・グラハム」は、伝説的な音楽プロモーターとして知られている。ユダヤ人としてドイツ・ベルリンで生まれ、ナチスによる迫害を避けて少年時代にアメリカに難民として流れ着いた。New Yorkからサンフランシスコへ移り、ライブ会場を運営しながら、大物アーティストや最新の音楽を世に紹介する重要な役割を果たした。

グラハムが紹介したアーティストには、クリーム、エリック・クラプトンなどのイギリス音楽の正統派や、BBキング、ジェームス・ブラウン、マイルス・デイビスといったR&Bやジャズなどの黒人音楽が挙げられ、60年代以降のアメリカの音楽シーンを成長させた人物とも言われる。

次ページイベント会場にはアップルのロゴ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT