「新型iPhone」は、軽量素材で大きく進化?

アップルが明らかにする新製品の衝撃

アップルはIBMやシスコシステムズといった、ビジネス向けのアプリやネットワークを提供するベンダーとの業務提携を行っている。さらに、9月末にはビジネス向けクラウドストレージサービスのBOXが開催するカンファレンスにティム・クックCEOが登壇する予定で、ここでも何らかの提携が発表される可能性が高い。

ビジネス向けを強化する過程で、大画面のiPad Proは、ビジネス向けの市場での成功をつかむための起爆剤として企画されている可能性が高い。横目に見ているのは、同様のサイズと高い処理性能を誇るWindowsタブレット、Microsoft Surface Proだろう。価格面でも、1000ドル前後で競合してくることが考えられる。

Apple Watchをさらに普及させる仕掛けとは?

最後にもう一つ、期待されているのがApple Watchだ。ちょうど1年前に発表され、半年後以上たった2015年4月24日に発売された。調査会社のIDCによれば既に360万台を販売し、ウェアラブルデバイスではFitBitに次ぐ2位、スマートウォッチではダントツの1位の売り上げを誇る。

米国では現在、空前のApple Watch販売施策が行われている。全米の家電量販チェーンベストバイでは、1000点を超える全店舗でのApple Watch販売網を整備している最中で、より多くの人々がApple Watchを目にし、試せる機会を増やそうとしている。

こうした大キャンペーンを後押しするための新たなバンドや、売れ筋となっている最も価格安いApple Watch Sportに、女性らしいゴールド系の新色が期待されている。

アップルはiPhoneのシルバー、グレー、ゴールドの3色展開を、iPadやMacBookに展開し、さらにアップルが傘下に収めたBeatsのヘッドフォンにも採用している。Apple Watch Sportには、シルバー、グレーは用意されており、ゴールドが追加されるのは自然な流れと言えるかも知れない。

サンフランシスコの会場の様子と、期待される情報についてまとめた。実際にどのような製品が披露されるのか。発表後に、再びリポートしたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT